愛知の求人情報

少子高齢化が進む日本において、国としての取り組みはもちろん地方自治体による地域に密着した取り組みが重視されています。

日本のほぼ中央に位置する愛知県では、近年加速化する少子化に対する取り組みとして医療機関を受診する際の医療費を助成する制度を設けています。

県の基準としては通院は小学校に就学するまで、入院は中学校卒業までを目安にしていますが、多くの自治体では通院は中学校を卒業するまでに拡大しているのが特徴です。

住んでいる地域によって助成が受けられる年齢が異なる場合が多いため、引越しや第一子の出産などで新たに制度を利用する場合には医療機関を受診する前によく確認をしておきましょう。

また、県内では18歳以下の子供がいる家庭に「はぐみんカード」を配布して、賛同企業などで割引やサービスなどが受けられる支援を行っています。

このサービスを利用するためには、配布されたはぐみんカードをサービス利用時に提示する必要があるため、常に外出時は携帯しておくと良いでしょう。